研究について

L-アルギニンを用いて、体内で行われる一酸化窒素生産の効果、及び循環器系にとっての生産プロセスの重要性については、1998年生理学及び医学ノーベル賞を受賞したRobert Fらの論文に、一酸化窒素は心臓血管系のシグナル分子として考えられると書かれていました。

一酸化窒素は、生物学における最も単純な分子のひとつであり、原子(N)と酸素(O)の二つの原子で構成されています。一酸化窒素の構成は単純ではありますが、窒素酸化物は今、体内では最も重要な分子として、人間がより良い生活を営むにあたりとても重要であるとみなされています。

一酸化窒素は、心臓血管や神経系に存在する強力なシグナル分子であるだけでなく、他のシステムを通して、肺、肝臓、腎臓、胃、性器、そして心臓などあらゆる身体器官の機能に影響を与えます。一酸化窒素は身体において多岐にわたり重要な役割を担っており、また血管の拡張薬として体のあらゆる部分における血液の流れを制御することに役立っています。一酸化窒素は血管を緩め広げることによって、血液が心臓に効率的に栄養を送ること保ち、健康的な血圧レベルをサポートするために役立っています。一酸化窒素はまた、脳卒中や心筋梗塞の引き金となる血栓の形成を防ぐために、免疫システムをサポートするとともに、血管内の動脈硬化プラークの蓄積を減速させ、毒素と戦い、内部の強力な防衛システムを提供しています。
従って、一酸化窒素はあなたの健康な状態の質を上げるべく、動脈及び心臓を優良な状態にする為に重要な役割を担っています。

一酸化窒素の製造は、主に血管の内部の表面にある血管内皮細胞層で行われます。心臓病、肥満、運動不足、喫煙、高コレステロール、高血圧、高血中ホモシスティン値などは血管内皮細胞への損傷を引き起こします。そして、損傷した内皮は一酸化窒素の生産を明らかに妨げ、より多くのダメージを与え、健康状態をどんどん悪化させていきます。

血管内皮細胞がダメージを受けることは我々が対処すべき必要のある唯一の問題というわけではありません。L-アルギニンは体内で一酸化窒素を作り出すことが出来ますが、残念なことに、私たちは食料の中から、より良い健康状態となることを促すための一酸化窒素の生産に必要な量を摂取できていない状況です。従って、サプリメントによる栄養の補充は、健康な血管内皮細胞において一酸化窒素の製造を確保出来る最良の方法です。

 


〒105-0013
東京都港区浜松町2-2-15
09063950999

ウェブサイトの利用規約 | 個人情報保護方針

 
 
Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.